整形外科

こんな症状の人はご相談下さい

打撲、捻挫、骨折、脱臼、関節痛(肩、肘、手首、指、股関節、膝、足首、足の指、など)、首の痛み、肩こり、頭痛、腕・手のしびれ、腰痛、大腿部痛、脚・足のしびれ、関節リウマチ など 

整形外科とは

整形外科では、背骨・手・足など全身の運動器官を造りあげている、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による、損傷等の治療を行います。
単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目的とします。
不幸にして運動機能の回復が十分に得られなかったとしても、残った機能を最大限に活用して、元の状態に出来るだけ近く機能を回復させることも整形外科の大きな役割であります。
又、運動機能の障害だけでなく、痛みを主とする疾患(俗に神経痛・リウマチなどと言われる病気)の治療を行なうのも整形外科の主要な仕事です。
術後の機能回復訓練においても理学療法士との連携によってプログラムに沿った、リハビリテーションを行うことで、早期に社会復帰していただけるよう心がけています。

整形外科の主な対象疾病

関節捻挫、関節内軟骨損傷、肩関節周囲炎、肩関節拘縮、肩関節脱臼、急性化膿性関節炎、四肢・指切断、上腕骨外上顆炎(テニス肘、ゴルフ肘)、狭窄性腱鞘炎、膝関節靱帯損傷、膝半月板損傷、慢性関節疾患、変形性股関節・膝関節症、(突発性、外傷性)大腿骨壊死、慢性骨髄炎、慢性腰痛症胸髄症、胸椎黄色靭帯骨化症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊椎管狭窄症、腰椎すべり症、骨折後合併症(偽関節、遷延治癒、変形治癒)、骨粗鬆症、四肢長幹骨・関節内骨折、手根管症候群、肘部管症候群、側彎症、変形性肩関節・肘関節・手関節・足関節症、関節リウマチ、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症性脊髄症、頸椎症性神経根症、頸椎後縦靭帯骨化症

整形外科の主な治療

装具療法、局所注射、ギプス固定、関節内注射、ブロック療法、理学療法など