看護部紹介

看護部の理念

患者中心の看護を実践し、安全・安心を守り、
地域に貢献する。

看護部の基本方針

1. 看護倫理を遵守し、患者中心の看護の実践に心掛ける。
2. 患者の人権を尊重し、安全・安心・安楽に心掛ける。
3. 良い人間関係の構築と働きやすい職場作りをする。
4. 看護職者として、自己研鑽に努め、自らの責務を果す。
5. 社会的・心理的ニーズへの援助に努める。

看護部の目標

1、患者中心の看護を実践し、チームにおける自己の役割を果たす。
2、継続した質の高い看護の実践に努める。
3、患者が、安心・安全に療養できる環境作りに努力する。
4、自己成長を図り、目標達成への努力をする。

部署紹介

一般病棟(2階) 混合病棟で様々な疾患(内科・外科・整形外科・泌尿器科・・・)の患者様が混在しており、特徴としては、高齢者の患者様が多く、チーム医療をモットーに、専門的医療と暖かい看護を提供しています。
療養病棟(3階) 急性期、リハビリ期の治療・訓練を終えられた患者様が、安心して療養生活を送れるよう。また、24時間患者さんの傍に付き添っていられないご家族の思いに心を寄せ、ご家族のそうした心を持って、スタッフ一丸となり「心の通う医療・介護」を目指し実践しています。
外来 呼吸器・糖尿・肝臓・泌尿器科による、1週間に1回の専門外来があり、外科、内科医師と連携しています。地域の患者さんが多く、1人1人の相談に傾聴する事を心掛けており、家族、ケアマネージャーとの連絡も密に行う看護に努めています。

看護部が携わる会議・委員会

a. 医療安全対策委員会
(医療安全の問題と対策を検討し事故防止を図る)
b. 看護部教育委員会
(年間で定期的に救命・救急や機器取扱いの勉強会を行い、技術・知識の向上に努める)
c. 感染対策委員会
(1.院内感染対策での決定した感染防止対策、啓蒙活動を現場へ周知徹底し実行する。2.現場での感染対策状況を確認し、委員会へ報告する。)
d. 褥瘡対策委員会
(院内褥瘡対策を討議・検討し、その効率的な推進を図る。)
e. 医療物品管理委員会
(院内の医療物品を統括し、新規物品の検討をしたり、出納の管理を主とし、無駄のない請求・納入を行う定期的に委員会を開き、物品入れ替え等の検討をする。)

看護部の教育目標/計画

教育目標:看護部の理念に基づき、看護を実践し
チームにおける自己の役割を果たすための研鐟に努める

教育計画:技術・知識向上の勉強会を定期的(4月・10月)に開き
看護の質のレベルアップを行う
その他、随時要望があれば開催する