居宅介護支援

介護を必要とされる方が、自宅で適切にサービスを利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、本人・家族の希望等にそってケアプランを作成したり、さまざまな介護サービスの連絡・調整などを行います。
居宅介護支援

サービスの内容

  • 居宅サービス計画の作成
  • かかりつけ医師との連携
  • 居宅サービス事業所との連絡調整
  • サービス実績状況の把握評価
  • 利用者様の状況把握
  • 要介護認定申請に関する協力支援
  • 相談

サービスが開始するまでの流れ

  1. 申し込み
    各市区町村に要介護認定の申請をします。申請方法は市区町村の介護保険担当課、またはお近くの地域包括支援センターまでお問い合せください。また、当居宅介護支援事業所で申請を代行することができます。
    当事業所が申請を代行できます。お気軽にお問い合わせください。
  2. 介護認定審査
    申請を受けて介護や支援が必要かどうかを市区町村が審査・認定します。市区町村の職員や委託された認定調査員が訪問して、心身の状態などを調査します。
    かかりつけの医師に「意見書」を依頼します。依頼は申請者が行う場合と、市区町村が行う場合とがあります。介護保険担当課でお聞きください。
  3. 要介護区分の認定
    要介護度により、介護保険から支給される上限が決まります。
  4. 要介護区分の認定
    ケアプラン作成の費用は介護保険から全額支払われます。自己負担はありません。
  5. 介護サービスの利用開始
    介護保険サービスを自己負担一割で利用できます。
    要介護度に応じた限度額を超えた分は自己負担となります。
    介護保険外のサービスも自己負担で利用できます。

このようなサービスが取り入れられます

  • 訪問介護
  • 訪問看護
  • 通所介護(デイサービス)
  • 訪問リハビリテーション
  • 通所リハビリテーション(デイケア)
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)
  • 福祉用具の貸与/購入
  • 訪問入浴
  • 住宅改修

お申込み方法・ご相談

電話番号 06-6709-3455 代表
お問い合わせ時間 9時~17時 (月曜~金曜日)
9時~13時 (土曜日)
日曜日 祭日 休み